ズバリ!内祝いとは何?

人生における節目において身内で祝うもの

結婚や出産、進学など家族にとって人生の喜ばしい場面で、親族や近所の人などからお祝いをもらうことは、多々あります。普段から親しくしている人やその家族が喜ばしい出来事を迎えると、習慣として知り合いから記念となるものをもらいます。贈り物を頂いた人はその人にお返しをすることになりますが、そのお返しのことを、内祝いといいます。内祝いの主な事例としては、結婚式に出席した親族がもらう引き出物や、出産祝い、新築祝いなどがあります。品物としては、食品や食器などの日用品が選ばれることが多いです。

自分やその家族に喜ばしい出来事が起こり、その喜びの気持ちを祝いの品という形で、近所の人と一緒に喜び祝うといったことが、内祝い本来の意味です。

内祝いに該当するイベントとその贈り物

結婚式の出席者に送付する引き出物の場合、当日に参加できていない親族から内祝いを送付された場合に、こちらもお返しを送付します。主に日用品や保存の利く食品を内祝いとして選び、最長でも1ヶ月以内に親族に送ることが基本です。出産祝いなら生後1ヶ月後ぐらいのお宮参りを迎えた後で、お返しを送ることとなります。贈り物については、出産前から前準備をしておくことが求められますが、紅白饅頭が定番と言われています。新築祝いの場合は、新居の披露宴に招待した人が対象となり、贈り物としては茶器などの器ものが最適でしょう。

さらに、結婚式や出産の時にもらったお金は半返しという形で、3分の1から半額を親族に送付します。忙しい時に内祝いをすることとなるため、デパートのギフトコーナーや通販を利用することも一つの手段と言えます。