知っておかないと恥ずかしい!内祝いの熨斗の書き方基礎知識

結婚内祝いの熨斗の書き方

結婚のお祝いを頂いたら、感謝の気持ちを込めて贈りたいのが結婚内祝い。贈り物に掛ける熨斗紙にも様々なルールがあります。熨斗を書く前にまず間違えないでおきたいのが、熨斗紙の選び方です。 結婚内祝いは喜ばしいことなので、水引きの色は紅白です。その本数は10本で、結び方は『結び切り』の物を使います。よく蝶々結びと迷いがちですが、蝶々結びは簡単にほどけて何度も結び直せることから、婚礼に関する贈り物で使用するのはタブーです。 結婚内祝いの場合、熨斗上には『内祝』または『寿』と書き、熨斗下には、送り主の名前を書きます。新婦は入籍後の新姓を書くのが一般的です。夫婦連名の場合は、熨斗紙の中央に新郎の姓名を書き、その左側に新婦の名前のみを書きましょう。

出産内祝いの熨斗の書き方

出産のお祝いを頂いたら、用意したいのが出産内祝いです。結婚同様、喜ばしい出来事に対するお返しですが、熨斗の書き方は異なる部分がたくさんあります。 出産内祝いに掛ける熨斗紙は、紅白10本の水引きで、結び方は『蝶々結び』がされている物を選びます。新しい命の誕生は、人生で何度あっても嬉しいことなので、出産内祝いには何度も結び直せる蝶々結びを使用するのです。 熨斗上には『内祝』と書きます。熨斗下に書く名前は、生まれた赤ちゃんの名前です。名前のすぐ右側には、ひらがなで名前のふりがなを書くのがポイントです。出産内祝いにはお祝いを頂いた方に、赤ちゃんの名前をお披露目するという意味が込められているので、たとえ読みやすい漢字を使った名前であっても、ふりがなは忘れずに書きましょう。